Archive for the ‘アロマ活用・内服’ Category

冬の飲み物

2013-12-25

131223_1818~01

 

ちょっと!解りずらい・・・でしょうか??

甘酒に少し垂らすと美味しい、ドテラのオイルをご紹介いたします。

今月(12月)Offになっていた、Cassia(桂皮)とお茶に最適な、Cinnamonです。

両方ともスパイスとしての歴史は古く、古代から珍重&愛されてきた植物(エッセンス)です。

クリスチャンではない人達が変な盛り上りをする、日本のクリスマス商戦にいささいか疑問を感じる私ですが、なぜか、この香りをかぐとおごそかなクリスマスの雰囲気を感じます。本来はもっと静かに過ごすものだと思うのですが・・・??

甘酒にいれれば、日本人にも馴染み深い飲み物になり、温まります。

ホットワインにもよいですよ!

寒い日午後のTea Time あなたのドテラ♪オイル1滴☆

お試しください。

アロマオイル初級講座・開催します。

2013-08-30

ドテラの高品質アロマオイルの使い方を解りやすくお伝えします。

まずは基本の3本のオイル

◆レモン

◆ラベンダー

◆ペパーミント

この3本が家庭に常備されているだけで、植物からの恵み♪アロマオイルの素晴らしさを家族で体感できます。

まだ、御存じない方へ・・・お申し込みお待ちしています。

☆開催日・毎月 3回(ドテラカフェ開催日に準ずる)

◆ 10月の予定は、7日(月)・12日(土)・26日(土) 

☆場所:VIT横浜(JR関内駅北口よりすぐ)

☆講習費¥500(デネブ会員無料)

参加者様に全員 *エッセンシャルオイル使用ガイドブック進呈

*未会員限定
ご希望であればアロマオイル5ml×3本
キット小売価格¥4250
販売いたしますのでお気軽にお申し込みください。

スムージーの1滴

2013-04-06

スムージー

今日は久々に、スムージーを作成しましたよ!

◎リンゴ 半分

◎小松菜 3株

◎バナナ 1本

植物性ミネラル液 10ml

これをVITAMIXでが~~~っと撹拌します。

少し水100mlを加えて、飲みやすくしました。

(ドロっとしているのがお好きな方はそのままで)

グラスにとりわけ2人分です。

最後の1滴として、ドテラのレモンオイル登場です。

これを、1滴グラスにたらすだけで、スムージーの味がかなり引き締まります。

もちろん本物のレモンを絞るのにはかないませんが・・・

食卓にいつもレモンが転がっているのは理想ですが!

なかなか難しかったりしませんか・???

(そして安心&安全なレモンの入手も近所のスーパーでは難しい)

そんな時に、安心&安全のドテラ・レモンエッセンスが重宝します。

さわやかな朝に、ぜひお試しください!!

アロマオイル・ペパーミント

2012-06-26

いつのころからか・・・たぶん会社に入ってパソコンなるものをいじるようになってから・・・もともと視力が弱いのに、設計(CAD)見積もり計算ソフトなどを業務として使い始めたら、眼精疲労からくる頭痛もち・・になってしまいました。また、長時間のPC作業による血行不良による頭痛でもあったと思います。

仕事が忙しい時はいうまでもなく、ホルモンのバランスが乱れる周期=PMSの症状としても、頭痛が起きるようになりました。さすがに、頭痛くらいで痛み止めは飲みませんでしたが、あの、頭の割れるような痛さったら、ないですよね!!仕事になりません。

頭痛に感じてはみなさん なんらかの、ご経験あると思います。

そんな時にはこのペパーミントです。手のひらに1滴垂らし、こめかみにチョン・チョンとつけるだけで、「なんということでしょう!!」たちまちこのガンガン頭痛は軽減されます。

頭痛の種類によって、オイルを塗布する場所は頸椎のライン(ボンノクボ)辺りのほうがよい場合もあります。肩こりから頭痛に繋がっている場合もあるので、肩に塗ってあげてもいいです。まぁとにかくすっきりします。

ロールオンだと塗りやすいですね!!⇒ディープブルー・パストテンス ストレス解消ブレンド

多くの頭痛が頭の血管の収縮(緊張による血行不良)が原因といわれているのでペパーミントの鎮痛・鎮痙作用が発揮されているものと思われます。*こめかみに付けるときにオイルを触った指で目じりなどに触らないようにしてください、それはそれは、衝撃的な刺激を受けます。

(こういった意味でもロールオンの商品⇒はお薦めです。手にオイルがつかずに塗布できますから・・・)

少量ならその刺激に耐えるしかありません。水で洗ってもかえってヒリヒリ度が増すばかりです。同じオイル系のもの、例えばキャリアオイル系をなじませてふき取ること・・・ぐらいしかできません。ので、取り扱いにはご注意ください。体の粘膜系にはかなりの刺激があります。

そして、消化器官にとってもぺパーミントはすぐれものです。少し食べ過ぎた時など、ミントのハーブTeaなどを召し上がるように、この香りをかぐだけでも胸やけのような症状が「スーッ」と落ちつきます。吐き気や、乗り物酔いにもいいです。私はドライブの時にペパーミントの香りは必需です。運転手さんのための集中力UP&眠気防止、乗客の為の乗り物酔い防止・・・にペパーミントスプレーを車内に持参しています。まさに乗る前にシューシュー乗ってるときもシューシューです。

私個人の対応ですが、RawFoodでよくつかわれるナッツを食べた後に来る 鼓腸・お腹の張りなどに、このペパーミントやフェンネル・ジンジャーなどをブレンドしたオイルを使ってお腹のマッサージをします。それでも、改善しないときはお湯に2~3滴たらして飲用する場合もあります。⇒ゼンジェスト

とにかくどこか、痛んだときに・・・ペパーミントを・・・

しっかりものの、鎮痛剤です。

 

アロマオイル・レモン

2012-06-21

アロマを習いたての頃、食材としてすぐに手に入るものを、わざわざオイルを抽出する意味?は何??と思っていました。

「1kgのレモンオイルを作るのに3000個のレモンが必要だ!」と習ったからです。だったら、レモン果汁を搾ればいいではないか?しかし、違うのです。1個のレモン皮つき丸ごとから抽出されたエッセンシャルオイルは新たなエネルギー(命)が増幅して凝縮されるとでもいいましょうか・・・さらにパワーアップするのです。それがわかったのは私がアロマに親しんでずいぶん経ってからです。

レモンは柑橘系の代表的なオイルですが、その用途は多岐にわたるので、使い始めたらこれも、ポーチに1本しかもヘビロテ?すぐになくなります。輸入品食材とし市場に出回っているレモン果実の多くはポストハーベスト(農薬による防腐剤散布)加工がほどこされているので、世に出回っている食材のレモンよりドテラのようなセラピー級のEオイルははるかに安心安全な液体です。

ミネラル豊富な水に1滴たらすだけで、素晴らしい飲み物になります。ファスティング中にも最適です。

オイルの抽出方法としてはその果実丸ごと圧搾するのですから、材料の品質を確かめることは最重要事項です。少なくとも飲用・できる品質をお使いになるのは基本です。(だからドテラなのです。他にも数社ありますが)

トリートメントオイルなど、肌に付けて(塗布する場合)お使いになるときは、光毒性(種に柑橘系のオイルを肌に付けた状態でその部分が太陽光にあたらないこと、しみの原因になるといわれてます)に気をつけてください。

あくまで体験談ですが、私の友人は、腎臓に石が数個みつかり、ときどき暴れて激痛に苦しんでました。このエッセンシャルオイルでつくったレモン水を毎日がぶがぶ飲んで数ヶ月後めでたく石は小さくなり、体外へ「ぽろ~ん」と排出できたそうです。

香りは小さいお子様から高齢者まで、幅広い層に好まれています。気分転換にもいいですし、試験勉強・など集中力UPにつながります。脳を活性化するんでしょうね。リフレッシュします。救急箱オイルとしても、止血・殺菌・虫さされなどに使えます。購入したら、開封sたら、半年目安で使い切りましょう。

たくさんのレモンに感謝しながら・・・☆このように、日常生活で使いまくってください。

 

 

アロマ情報サイト・オープンしました。

2012-06-09

こちらのサイト作成をサポートしてくださった「素晴らしいWeb企画」の高木さんです。

HP作成・ブログカスタマイズ・保守メンテなどのご要望は直接こちらにどうぞ!私のサイトをみた!といっていただけたらこころよく相談にのってくれると思います。

 

 

 

 

Newer Entries »
Copyright(c) 2012 ドテラのアロマオイル 横浜のヒーリングアロマ☆デネブ  All Rights Reserved.